夏休みの宿題で多くの子どもが頭を悩ませんのが、読書感想文ではないでしょうか?

一年に一度しか書かないので、書き方も忘れてしまった頃に何百字もの原稿を書けと言われたら、気分が重くなるのもわかります。しかし、書き方がわかってしまえば、暗い気分も晴れ、夏休み最終日まで引きずることなく、すぐに終わらせることができるのです。

小学2年生の生徒が、1時間で400字の感想文を書いた「じぶん塾的読書感想文の書き方」を掲載しますので、参考にしてください。

わからないことがあれば、質問してくださいね。

読書感想文を完成し、お盆を家族全員で楽しくお過ごしください!

*****

コメントは利用できません。